介護を受けようかなと考える時に要支援と要介護の違いについて詳しく知っておきましょう。まず介護サービスを受ける方の状態がどの程度なのか把握していないと受けられるサービスが全く異なるからです。そのためまずは医師の診察が必要ですから生活に不安を感じたら本人にしろ身の回りの方にしろ病院へ行き状態を確認しましょう。

要支援とはどんな状態か

要支援とは支援が必要と判断された状態で、1と2の2段階があります。支援というのは身の回りの事を行うのが難しい状態ではあるけれども、頑張って時間をかければ可能であるという場合に用いられる言葉です。要支援1の場合は食事や排泄は問題ないけれども掃除や更衣などに他の人の手が必要だと判断される様な状態で、要支援2の場合は要支援1と状態としては似た様なものなのですが、より時間と手間暇がかかっていると判断された時に判定されます。

要介護状態とは

要介護は1~5の5段階で判定されます。介護が必要な状態というのは支援とは違い、いくら頑張ってもその行為は一人では不可能だという判定です。そして5段階でその状態はそれぞれ異なります。

要介護1の状態

要介護1の状態は、身の回りの事をする場合に誰かの助けがなければその人はやっていけないと判断される初期状態です。身体的には特に問題なくても認知機能の低下によって更衣が満足にできなかったりする様な場合要介護1と判定される事があります。

要介護2の状態

要介護2の状態では1の状態に加え部分的な手助けが必要だと判断されます。例えばトイレに一人で座る事ができないなど、明らかに介護が必要と判断される場合は要介護2となります。

要介護3の状態

歩行や食事など生活全般で介助者の助けが必要と判断された時要介護3となります。認知機能も2の状態に比べると大幅に低下していて、1人では立ち上がる事すらままならない方がほとんどです。

要介護4の状態

要介護4になると助けなしでは食事も満足にできません。認知機能がほとんど機能しておらず食事をお箸を使って食べる事ができない様な方が要介護4となります。

要介護5の状態

要介護5と判定された方は寝たきりで自分では寝返りすら打てない様な方です。意思の伝達すら困難で、介助者は目の動きで利用者の意思を確認するなど、特別なアプローチが必要となります。