要介護認定に関する

調査員の訪問調査によって得られた結果と主治医意見書に基づく結果をコンピューターに入力し、国によって定められた介護に必要な時間を推計して判定します。
市区町村は、認定調査票と、主治医意見書をもとに、コンピュータによる「1次判定」を行い、審査会資料作成し、「介護認定審査会」へ、審査判定「2次判定」を依頼する。
介護に必要な推計時間、護や支援がどの程度必要なのかを調査するとともに、主治医に対して、「主治医意見書」の作成依頼を行う。
実際に家庭で介護している時間とは違います。

要介護度の一次判定に必要なものさし。

一次判定と調査員の特記事項、医師の意見書などをもとに介護認定審査会で要介護認定の審査をします。
市区町村は、申請により、申請者のもとへ介護認定調査員を訪問させ、要介護度と認定有効期間などが最終的に決定されます。
市区町村の介護認定窓口からでも、色々相談したいと伝えれば、「地域包括支援センター」につないでくれる。
介護認定審査会は5名以上もしくは3名以上から成る、医師を含む保健・医療・福祉の学識経験者より構成されます。