要介護認定とは?

介護保険制度のもとで介護サービスを利用する場合は、疾病などにより(第2号は16の特定疾病)介護を要する状態となる。
要介護認定又は要支援認定を受けなければなりません。
または、介護は要さないまでも、介護予防の対策を図る必要があると考えられる状況になる。
介護サービスを利用する方がどの程度の障害を持っているのか、
介護サービス等の利用を検討し、市区町村の窓口で、要介護認定申請を行う。
日常生活にどの程度の支障があるのかを判定する必要があります。

その判定(審査)に基づいて、必要とされる介護レベル(要介護度)が決定されます。
または、直接、居宅介護支援事業者に相談すると、要介護認定の代行申請を行ってくれる場合もある。
これが要介護認定です。
認定調査や医師の意見書、認定基準時間などをもとに、
何をどうしてよいか分からない場合、市区町村の「地域包括支援センター」に相談するとよい。
市町村などに設置される介護認定審査会で判定されます。