はじめに

身内が要介護の状態になってしまったとき、きっと沢山の不安と戸惑いが出てくると思います。
介護が出来るほどの充分な経済的な余裕・精神的な余裕・時間的な余裕があればいいのですが、多くの人はそこまでの余裕を持ち合わせていないと思います。
大切な家族を守りたい、支えたいという気持ちもあれば、自分自身の守らなければならないもの、仕事のことなどもあり、きっと様々な葛藤や周囲の人との助け合いの大切さを実感することになると思います。
要介護認定というのは、いうなれば字のごとく「介護が必要です」という証です。
要介護認定を受けることで、介護をするにあたってラクになることも様々あるといわれています。
このホームページでは、要介護認定、要支援認定についてお伝え致します。

要介護認定について

介護保険の介護サービス・介護予防サービスを利用するには、市町村の認定が必要です。 在宅介護支援センターや居宅支援事業所、介護保険施設などにご本人やご家族が申請の代行を依頼することが出来ます。日常生活を送るために介護や支援が必要となったとき、申請を行っていただくことができます。全く利用実績がなく、延々と更新が行われている場合、「サービスを利用する時でかまいませんから、その時にまた、新規で申請を行ってみてはどうでしょうか」などと打診されるケースがあると考えられます。

介護(要支援)認定期限日から、60日前の間に申請を行った場合更新申請となる。更新申請が必要な方へは市区町村から案内が通知されるか、居宅介護支援事業所や介護保険施設などが更新時期を把握して、利用者(及び家族)に確認のうえ代行で更新申請の手続きを行ってくれる場合もある。
状態が改善してきているのであれば要介護から要支援になることも考えられることですし、要支援となった場合、居宅介護支援事業所から、地域包括支援センターへ移行しますが、本当に介護予防によって維持、向上が図れる状態であるならば、それが妥当な認定結果ということですので、喜ぶべきこととして受け入れ、介護予防サービスを利用するか、もし、誰が見ても介護が必要な状態であれば、地域包括支援センターの方で、再度、認定申請の手続きを行ってくれますので、必要以上に不安がることもないかと思います。

  • 福岡のPureHeartのカウンセリングは来談者中心療法(臨床心理学)というカウンセリング(心理療法)をベースにNLP心理学を中心にカウンセリングをおこなっております。あなたの気持ちを大切にしながら、抱えている問題(悩み)を軽くし、解決へと導いていきます。
  • 1996年創業の名古屋のMAIDMAN(メイドマン)は遺品整理の実績が豊富。一般社団法人遺品整理士認定協会の優良事業所認定をいただいております。実務経験豊かな有資格者の遺品整理士が一期一会の気持ちを大切に信頼されるサービスを提供。料金追加一切ございません。当社はどんな小さなご要望にも対応できるよう心をこめてお話をうかがい、ご遺族、ご家族様のご不安をとりのぞきますのでご安心ください。
  • 北九州市でカウンセリングするならカウンセリングルーム サラにご相談ください。カウンセラーが客観的視点から問題の本質を丁寧にお伝えすると、徐々にとらわれていた思いから解放され、お客様は見違えるほど元気を取り戻されます。私たちのカウンセリングの特徴はカウンセリングシートです。脳は習慣によって育まれます。いつも思っていることが、心の中で確かになり、その習慣が人柄、品性となってしまっているのです。自分との関係を良くする100日シートであなたは、前向きな人になれます。シートは、カウンセラーと励ましあいながら一緒に記入していきますので無理なく続けることができます。あなたの「自分らしく生きる」を一緒に考えてみませんか?ぜひ、一度お話をお聴かせください。
  • 防災井戸なら井戸生活にご相談ください。いつ起こるか全く分からないのが、地震や台風などの天災です。そして災害が大きければ大きいほど、電気や水道などのライフラインはストップしやすいもの。電気は、ある程度までなら自家発電機などで代替えできます。しかし、水に代わるものはありません。大型なものから小型の家庭用までいつ来るかわからない天災に備えた防災井戸を掘削します。
  • 岡山県のゴミ屋敷片付けの業者をお探しなら、クリーンファーストをご検討ください。当社は岡山県全域で不用品回収・買取・粗大ゴミ処分・家具家電回収・遺品整理の専門サービスをご提供。不用品・粗大ゴミは1点から家一軒丸ごとまでご対応可能。不用品でお困りの際はお気軽にご相談下さい。